2019/11/06 20:04

1.シャツボタンをプリントで同化

2.シャツで知性と品コンサバスタイル

3.シャツで表現黒とバックプリントの魅力

4.シャツで変装の邪魔なし夢の国ディズニーを堪能



1.シャツボタンをプリントで同化


ボタンと言えば前を留めたり、襟部分を留めたりと言うイメージかと思います。


女性のシャツよりはデザインの装飾性は少なく、機能性の方が多く、脇役的な存在かと思います。

脇役がしっかりしているから、主役が良く見えると言う部分もございますが、シャツも同じように感じます。


例えば、プリントがはっきりしているシャツにはプリントを目立たせると言う意味でもボタンは目だたつ模様に合わせた場合が多いように思えます。


また、シンプルなワイシャツにわざとボタンでコントラストをつけカジュアルに落とし込むパターンなどもございます。


そんな脇役的なボタンですが、今回、脇役の役目を十分にはたしてる、プリントシャツをご紹介させて頂きます。












2.シャツで知性と品コンサバスタイル

コンサバと言うと、保守的や落ち着いた、伝統的なという印象を受ける方が多いかと思います。
ファッションにもコンサバと言うジャンルがございますが、アイテムとして取り入れるのが、ジャケットそしてシャツと言う組み合わせをイメージされる方は少なくないと思います。

コンサバ女子のイメージとして現代はエレガントで主張の控えめなファッションとなりますが、男性にも問われる部分は知性と品ではないでしょうか。

保守的という部分で装飾やプリントは控えめなシンプルなデザイン、知性と品と言う部分では男性にとって仕事着としてご活用される機会も多いスーツ。

そして、スーツをご着用頂く上で必要なのがシャツになりますね。

シャツでも色々ございますが、今回は知性と品と言う部分で素材のきめ細かいしなやかな光沢感あるタイプを選ばせて頂きました












3.シャツで表現黒とバックプリントの魅力

黒の印象としては、男性的と言う印象を受ける反面、神秘的で近寄りがたいと言う印象もございます。

黒のデメリットの部分を和らげながら差ほど印象を変えないと言う意味ではバックプリントのデザインは印象を上げるアイテムかと思います。

例えば、大げさではございますが、前は黒の無地ですが、後ろ姿を見た途端、動物のプリントがあったとしたら、どういう印象を受けるでしょうか。怖い人かと思ったけど、意外に優しい人なのかもとイメージを膨らませ、興味をそそるかと思います。

いわゆるギャップですね。

このギャップと言う意味で、二面性の魅力を楽しめるバックプリント入りの黒シャツをご紹介させて頂きます。



















4.シャツで変装の邪魔なし夢の国ディズニーを堪能

夢の国に行ったからには、はっちゃけて楽しみたいですよね。

男性の場合は自らと言うよりは、女性や家族と一緒という状況が多いと思いますが、行ったら行ったで以外に楽しめるかと思います。

例えば、彼女や子供と一緒にイヤーハットやキャップを被って更に夢の国の気分を味わえるのではないでしょうか。
※大人の全身仮装などの禁止などディズニーのルールがあるようですので、その点はお気をつけください。

また、その時のシャツコーデと言いますと、動きやすいコーデ、そして今回はちょっとしたキャップなどの変装の邪魔をしないシャツをご紹介させて頂きます。

シャツが目立つカラーですと、せっかくの頭部分が強調されませんので、模様は控えめのアイテムをセレクトさせていただきました。