2019/11/30 19:10

1.冬シャツにはバンドカラーおすすめ

2.黄色脳シャツ

3.コンサバで平和

4.シャツで淡麗コーデ日本酒バー



1.冬シャツにはバンドカラーがおすすめ


バンドカラーについてはこちらのブログ(3.バンドカラーシャツで印象を和らげる)でもお伝えさせていただきましたが、襟元が高いタイプのシャツになります。


冬コーデとしてニットやスウェットやベスト、コートなどのコーディネートされる方が多いと思いますが、


冬素材として

ウール

カシミヤ

アクリル

など

お召しになる機会があると思います。


これら全て毛玉が出来やすいですので、出来れば洗濯の回数を減らしたいかと思います。


特に肌に密着する部分、首元や袖口ラインの汚れは目立ってしまいます。

洗濯の回数を出来るだけ避けるためにシャツとのコーデはおしゃれだけではなく、機能性としても大変大きな役割をはたします。


今回ご紹介のバンドカラーですが、通常のシャツより襟元を主張せず、首元をしっかり固定したデザインでございますので、重ね着としてご活用頂けやすいと思います。


襟の印象は大きく左右いたしますが、このバンドカラーは、ニットなどの丸首アイテムからほのかに見えるデザインでございますので、印象を大きくずらすことはないかと思います。


また、ちょっとしたおしゃれ(ニットとの色のコントラストなど)と言う楽しみ方もございます。


出来るだけ、冬コーデの洗濯を悩ませないバンドカラーシャツをご紹介させて頂きますので、よろしければご参考いただけたらと思います。












2.黄色脳シャツ


黄色脳と聞いて受ける印象はどうでしょうか?


抽象脳と言われて未来への想像力に優れ、目の前の物の意識に乏しいなどのイメージがございます。

常にアイディアがたくさんなので、脳での考えてる量はものすごい大量かと思います。

ですので、脳の記憶する容量などを考えますと目の前の事は疎かになるのは、仕方なく、そうせざる終えない部分もあるのかもしれないですね。


その他にも、黄色は頭の回転や創造性を高めたり、感情面に関しては幸福や明るい気持ちにさせてくれる印象もございます。


まずはアイディアからと言うことで、個々に持ったアイディアを十分引き出してもらいたいものです。


是非、アイディアに行き詰った時に黄色のシャツを着用して見てはいかがでしょうか










3.コンサバで平和


コンサバのイメージはこちらのブログ(2.シャツで知性と品コンサバスタイル)でも以前にご説明させていただきましたが、好印象をもたれる方も多いと思います。

保守的なコーデと言う印象ですので、幅広い場面にも合わせやすいかと思います。

場を乱さず空気を読んだコーデとお伝えしたらとても響きがいいですね。

今回はコンサバ好きな人はもちろんですが、場を乱さない丸く収め、敢えて戦争の場を作らず、平和に事を終わらせたい時におすすめのシャツをご紹介させて頂きます。












3.シャツで淡麗コーデ日本酒バー


日本酒バーで美味しく頂くのに雰囲気やおつまみの影響もあるかと思います。

その中でも、ホルモン煮込みが好きな人は多いのではないでしょうか。

日本酒に関しても食べ物によって合わせるお酒の感じ方の違いも楽しみの一つかと思います。

ホルモン煮込みと言うとちょっと脂っこいですね。

脂っこい時に活躍するのが淡麗タイプかと思います。

脂っこいままの印象ですと後々の口へしつこく残ってしまいます。


今回はホルモン煮込みを食べてもすっきりした印象をを与える日本酒バーでの淡麗コーデシャツをご紹介させて頂きます。


後味すっきりと行きましょう