2020/02/06 20:26

1.シャツの優しさ

2.ライトブルーシャツと透明感

3.黒ボンタンシャツでスタイリッシュチェンジ

4.シャツでダイニングバーでの気配りとは



1.シャツの優しさ


普段着こなしているシャツですが、ただ何となく着こなしていながら今となっては、なくてはならないファッションアイテムの一つかと思います。


そして、選んでいるのは自分自身ですが、シャツに限らず、気分の上げ下げ、底上げ、下げするのもファッションによっても影響を及ぼす事もございますね。


さりげなく助けてもらっている可能性はあると思います。


例えば、


今日のファッション素敵ですね

お似合いですね


など褒め言葉がございますが、シャツやその他アイテムが関わっております。


また、相手が着になるアイテムですと


何処で購入したのですか

他にカラーありますか


などなど話題へも繋がる事もございますね。


騎手と馬の様な関係ではないでしょうか。

※騎手も馬がないと成り立たない

人間も裸だとおしゃれでなく変体扱いされる


当方はシャツの取り扱いですが、その他のアイテムでも優しさを感じ取って更にコーデを楽しみたいものですね。


相性が良くないとなかなか愛着がわかないと思いますので、下記の商品でそのスタイルがお好みでしょうか。


是非、いいアイテムとのコーデを楽しんでお互いに優しさを感じて頂けたらと思います。

今回は違うタイプをランダムに選ばせていただきました。























2.ライトブルーシャツと透明感



ライトブルーに関して何度かブログでご紹介させて頂いておりますが、清涼で爽やかで透明感のあるカラーでございますね。


以前のブログは下記↓をご参考ください

2ライトブルーシャツ微妙な色合い

2.ライトブルーシャツで外柔内剛


好印象アイテムとしてスーツでお召しになることは多いと思います。


プライベートでのご利用はいかがでしょうか。


くすみカラー(カーキ グレー ブラック ブラウン)などのアイテムはお持ちの方多いと思いますが、どんよりした雰囲気が気になる場合にくすみカラーとライトブルーで透明感を出してみてもいいですね。


若々しい印象と落ち着いた印象とのバランスで、子供っぽくなりすぎずおしゃれを保つことが出来ます。


今回はお手持ちのくすみアイテムとライトブルーをご想像しながら透明感を補給したコーデをお楽しみ頂けたらと思います。

















3.黒ボンタンシャツでスタイリッシュチェンジ



レディースの場合は、デザインに拘った丸ボタンも多数ございますが、メンズシャツに付いているボタンと言うとシンプルなボタンがほとんどかと思います。


一般的には白、黒模様にやシャツの色に合わせてついている事がほとんどでございます。


黒点と言うと、誰しもが気になって見てしまうのではないでしょうか。

また、黒の穴は、恐怖ながらもその先が気になる方もいらっしゃると思います。


シャツの場合の黒ボタンですが、シャツの色に合わせて使用されることもございますが、服のアクセントとしたデザインもございますね。


黒のボタンがある事によって、シャツの印象が変わり、よりスタイリッシュな仕上がりになっている物も多数ございます。

そして、上記で申し上げた黒の点は気になる物とされると思いますので、そこに男の色気を自然と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。


今回は黒ボタンをアクセントとしたスタイリッシュ且つ、気になる存在としてアピールしてくれそうなシャツをご紹介させて頂きます。

※あくまでも黒ボタン一点に集中しそうな物を選んでおります。カラー違いのシャツもございますので、どっちが色気を感じさせそうか見比べて見ても面白いと思います。
















4.シャツでダイニングバーでの気配りとは



ダイニングバーはおしゃれで食べ物も豊富でお酒メインと言うわけでもないので、女性を誘いやすいディナーとも言えるのではないでしょうか。


女性も社会進出して食事に対しての役割も薄れていると思いますが、さりげなく気配りは好印象になる可能性もございますね。

インスタグラムで男性もお弁当を載せてる人もいらっしゃいますが、女性が作るのと変わらない位、おしゃれな盛り付けをしている方もいらっしゃって、忙しいながらもその気配りは女性、男性と言う概念を感じさせない位のお手前だなと思います。


気配りと言うと、スマートな行動で余裕を感じさせると言うことも大事だと思いますが、


数人でお食事の場合、コーデにもたつきがあると、数秒の差で先越される可能性もございます。

これもスマートな動きの違いの影響かもしれないですね。


今回は食事と言うと腕を一番動かされると思いますが、さっと行動が可能な袖にもたつきのないスリムなタイプを選ばさせていただいております。


ダイニングバーで気配りシャツを着こなして見てはいかがでしょうか。